1. ホーム
  2. 生理前の症状に | PMSにおすすめのサプリ
  3. ≫PMSチェックシート | 生理前のこんな症状、ありませんか?

PMSチェックシート | 生理前のこんな症状、ありませんか?

PMSの症状は「知ること」が改善の第一歩

月経前にイライラしたり食べすぎてしまったりというPMS(月経前症候群)は女性ホルモンの波が原因で起こります。
PMSは女性ホルモンの分泌が安定する20歳前後から更年期の始まる手前の40代前半までという長期間のお付き合いをすることになります。
毎月のことだからこそ、まずは自分の症状を知ることが対策の第一歩。
女性の約6割が自覚しているPMSですが、対策をしている人は意外にも少数です。
20~30年付き合っていかなければいけないPMS。4週間のうちの1週間と考えると、人生の最もいい時期の1/4をだるさやイライラと共に過ごさなくてはいけないことになります。
またPMSの症状が出やすい人はホルモンバランスの変化に弱い人ですから、40歳半ばから約10年間の更年期障害の症状も出やすい傾向があります。
女性ホルモンは美容と健康に大きな影響力のある女性の味方ではありますが、人生のうちの多くの時間を左右されすぎないよう、改善策は日頃から取り入れて損はありません。
例えば、PMSの症状でイライラしたり落ち込んでしまうといった精神面の症状が出やすい人は、家族や友達、恋人などにあらかじめ「そろそろだからごめんね」と断っておくことで喧嘩になったりするのを防ぐことができます。
またむくみや肩こり、眠さなど、めぐりの悪さからくるような症状が出やすい人は、めぐりアップの習慣を日ごろから取り入れるなどして、少しでも症状を緩和するのがおすすめです。
食事や運動といった生活習慣にサプリなどで緩やかに対策を続けるのも1つの方法です。